IoT

Home Assistantでスマートホーム化計画 その1

投稿日:

スマートデバイス

私の家には下記の家電・電子機器があります。
-Xiaomi Home Gateway 2nd gen (ハブ)
-Xiaomi Air Purifier (空気清浄機)
-Xiaomi IR Controller (赤外線コントローラー)
-Xiaomi Switch (スマートスイッチ)
-Xiaomi Temperature&Humidity Sensor(温度湿度センサー)
-LIFX Color 1000 (スマートライト)
-Google Home (AIスピーカー)
-扇風機
-エアコン
-Xiaomi Robot Vacuum (スマート掃除機 今後購入予定)

それぞれのエコシステムを簡単に説明

シャオミのデバイスはすべてHome Gatewayでつながっています。これはハブで、これを介してIR ControllerやSwitchを操作できます。これらはすべてBluetotthでつながっています(唯一Air Purifierは単独でWiFi内臓)。動作はすべてSwitchまたはアプリからです。
https://www.ozbargain.com.au/node/338030
LIFXはWiFi内臓のスマートライト。動作はGoogle Homeまたはアプリからです。
Google Homeは皆さんご存知の通り、スマートスピーカーです。音楽を聴くのがメインです。

個々のエコシステムの枠を超えた統合を目指す

現状では、シャオミはシャオミのエコシステムの中でないと動作しません。
そのため、特にLIFXが不便なのです。ライトのオンオフをアプリ経由または直接スイッチを触らなければいけません。またAir PurifierもGoogle Homeで操作したいです。
そのため今計画しているのが以下の二つ。
-Google HomeでXiaomiのデバイスを操作
-Xiaomi SwitchでXiaomi外のデバイス操作
以下のことをHome Assistantを利用すること。
https://home-assistant.io/components/xiaomi_aqara/

スマートデバイスのプラットフォーム


Home Assistantはスマートデバイス同士をつなげるプラットフォーム。Pythonで書かれています。
Raspberry Piなどの省電力コンピューターでも動作するのが良いですね。
このように同LAN内であればダッシュボード形式でつながれたデバイスを表示することが可能。
Kindle Fireなど安価なAndroidデバイスなどでタッチスクリーンで操作できると便利そう。
これとかほんとすごいです。
http://www.vmwareinfo.com/2017/07/visualizing-smart-home-using-home.html

今後進捗状況を更新していきます。

-IoT

Copyright© THE GADGET REVIEWS , 2019 All Rights Reserved.